費用

弁護士費用

弁護士費用は、着手金と報酬に分かれます。

前者は、弁護士が事件を処理するために必要な費用で、後者は、依頼者の得た利益に応じて定められる成功報酬です。

原則、以下のとおりですが、事件の難易度、解決までの期間等により増減が生じる場合があります。

最終的には、依頼者の方との協議によって決定することになります。

1.相談料

原則30分 5,000円

※但し、交通事故被害者の場合は無料

2.一般民事事件

(1)経済的利益が300万円まで

 ①着手金:経済的利益の8%(最低金額10万円)

 ②報酬:経済的利益の16%

(2)経済的利益が300万円から3,000万円まで

 ①着手金:経済的利益の5%+9万円

 ②報酬:経済的利益の10%+18万円

(3)経済的利益が3,000万円以上

 ①着手金:経済的利益の3% + 69万円

 ②報酬:経済的利益の6%+138万円

3.離婚事件

(1)示談・調停の場合

 ①着手金:20万円から

 ②報 酬:20万円から

注:慰謝料、財産分与、養育費等の請求が付随する場合には、その経済的利益の額に応じて、上記2に準じた額に加算をします。

(2)訴訟の場合

 ①着手金:30万円から

 ②報 酬:30万円から

注:慰謝料、財産分与、養育費等の請求が付随する場合には、その経済的利益の額に応じて、上記2に準じた額に加算をします。

4.借金問題

(1)破産

 (ア)個人 着手金・報酬合計で20万円から

 (イ)会社 着手金・報酬合計で80万円から

 

(2)任意整理

 ①着手金:1社2万円から

 ②報 酬:減額分の10%

(過払金が返還された場合にはその10%を加算)

その他

その他詳細は電話でお問い合わせ下さい。